ヴィタール VITAL

http://tsukamotoshinya.net/contents/images/vital.flv

2004/海獣シアター製作/ゼアリズエンタープライズ配給/04年12月11日公開/アミューズCQN、K’s cine
ma/35ミリ/コダック/カラー/DTSステレオ/ビスタ/86分/5reels
©2004 SHINYA TSUKAMOTO・KAIJYU THEATER

ヴィタール スタンダード・エディション [DVD]
ヴィタール プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]
塚本晋也 COLLECTOR’S BOX 2001-2010 [DVD]
ザ・ベスト盤(初回限定盤)

〈解説〉都市と肉体をテーマに撮り続けてきた塚本が、肉体そのものに迫った『六月の蛇』をへて、肉体の内部という新境地を開拓した作品。塚本はこの作品のために多量の参考文献や図版を読み、長期にわたる解剖学者や医学生への取材、そして大学病院の実際の解剖実習に立会見学するなど万端の準備で臨んだという。この「解剖」はその後『鉄男 THE BULLET MAN』においても重要なエッセンスとして用いられている。エンディングテーマ曲をCoccoが担当。

〈略筋〉交通事故からかろうじて一命を取り留めた青年、高木博史(浅野忠信)。だが彼は、一切の記憶を失っていた。父・隆二(串田和美)や母・慎子(りりィ)の顔さえわからない。しかしなぜか医学書にだけは興味を示し、やがて大学の医学部に入学する。2年生の必須科目である解剖実習が始まり、博史の班に若い女性の遺体が割りあてられた。その遺体の左腕に刺青がある。記憶の空白を埋めるかのように解剖にのめり込んでいく博史は、解剖を続けるにつれ、現実とは異なる世界へとフラッシュしていく。それは、左腕に刺青のある涼子(柄本奈美)という女性と一緒に過ごす、甘く切ない記憶を超えた世界だった。彼はもうひとつの世界で涼子と共に生きることを決めるが・・・・・・。

☆05年ブリュッセル国際映画祭銀鴉賞(SILVER RAVEN)受賞/第3回アジア太平洋地域諸国国際映画祭(ウラジオストック国際映画祭)審査員特別賞/04年シッチェス国際映画祭ニュービジョンズ部門最優秀作品賞受賞/第19回高崎映画祭最優秀作品賞受賞・最優秀主演男優賞受賞(浅野忠信)

[スタッフ]
企画・制作:海獣シアター
プロデューサー・監督・脚本・撮影監督・美術監督・撮影・編集:塚本晋也
プロデューサー:日下部圭子/日下部孝一/朱京順
プロデューサー・助監督:川原伸一
助監督:小出健/黒木久勝/中村佑子/安倍雄治
撮影:志田貴之
照明:吉田恵輔
スチール:天満眞也
人体造型:織田尚/高木紳吾/前田裕基
解剖デッサン:熊澤久里
録音:小原善哉
音響効果:北田雅也
制作進行:福山秀美/岡素子/平嶋康人/湯川暁子
美術助手:越賀あや/吉田光希/井上裕一/齋藤恵/谷川佳子/諏訪亜沙美
衣裳制作:岩・浩子
メイク:福山秀美
振付:大島早紀子(H・アール・カオス)
振付助手:白川直子(H・アール・カオス)
音楽:石川忠
エンディング曲:Cocco「blue bird」
作詞・作曲:こっこ/編曲:片山敦夫
Ⓟ2004 Victor Entertainment,Inc./MS Artist Products Inc./Cocco Co.,Ltd. 2004 STAY GOLD MUSIC PUBLISHING INC./Cocco Co.,Ltd
解剖監修:関野佳久(解剖学者)

[キャスト]
高木博史:浅野忠信
大山涼子:柄本奈美
吉本郁美:KIKI
高木隆二:串田和美
高木慎子:りりィ
大山三郎:國村隼
大山のり子:木野花
柏淵教授:岸部一徳
中井教諭:利重剛
青木教諭:原昇
刑事:康すおん
斎場係員:鈴木一功/松田次雄
発生学教授:川島宏知
生理学教授:中島陽典
神経学教授:村松利史
心理学教授:綾田俊樹

双生児 GEMINI

http://tsukamotoshinya.net/contents/images/gemini.flv

1999/セディック・丸紅製作/東宝配給/99年9月15日公開/35ミリ/コダック/カラー/ドルビーSR/アメリカンビスタ/84分/6reels/PG12指定
©1999 SEDIC INTERNATIONAL MARUBENI/2012年現在配給:セディック・インターナショナル

双生児-GEMINI- 特別版 [DVD]
塚本晋也 COLLECTOR’S BOX [DVD]
オリジナル・サウンドトラック 双生児
DUCTILE サウンドトラック SHINYATSUKAMOTO’S FILM/MUSIC BY CHU ISHIKAWA

〈解説〉本木雅弘の発案により、江戸川乱歩の同名短編小説を映画化。塚本は少年期から乱歩の熱狂的なファンだったが、舞台を明治末期に移し、短編の原作を大幅に脚色した。塚本が敬愛していた北村道子の衣裳の力も大きい。『ヒルコ/妖怪ハンター』と同じセディックインターナショナルの製作だが、塚本のプロダクション、海獣シアターも全面的に協力しており、メジャーとインディペンデントの合体体制で撮影が進められた。“敵対する分身“は塚本の重要なモチーフである。

〈略筋〉階級意識が歴然とあった明治末期。大徳寺医院の跡取として、医師の地位も名誉も、そして若く美しい妻りん(りょう)をも手にした大徳寺雪雄(本木雅弘)。そんな誰もが羨む大徳寺家に、次々と不幸が襲いかかる。父・茂文(筒井康隆)、母・美津枝(藤村志保)の不思議な死。また雪雄は、日増しに自分にまとわりつく謎の視線に悩まされるようになる。ある日、一人で庭に出た雪雄を襲う影があった。ぎりぎりと首を絞めてくる手の持ち主を一目見ようとした彼の目に映ったのは、自分と全く同じ顔をした男、捨吉(本木雅弘、二役)だった。

☆99年プサン国際映画祭観客賞/00年ヌシャテル映画祭グランプリ/00年シッチェス映画祭音楽賞/第14回高崎映画祭最優秀主演女優賞(りょう)

[スタッフ]
企画製作:中沢敏明/古里靖彦
プロデューサー:西村大志
アソシエイトプロデューサー:鶴岡智之
監督・脚本・撮影監督・編集:塚本晋也
原作:江戸川乱歩「双生児~ある死刑囚が教誨師にうちあけた話~」
美術プロデュース:種田陽平
美術:佐々木尚
装飾:石田登
衣裳:北村道子
ヘアメイク監修:柘植伊佐夫
ヘアメイク:勇見勝彦
特殊メイク:織田尚
音楽:石川忠
音響効果:柴崎憲治
整音:小原善哉
スチール:中野愛子
助監督:大谷清英
CGI:坂美佐子/小畑正好/田所貴司
演出助手:小出健/黒木久勝
撮影助手:森下彰三/志田貴之/鈴木智則
照明:まつくましんいち/小川大介/鳥谷部康広/宮尾康史/吉村俊弘/吉田恵輔
美術助手:三ツ松けいこ
小道具協力:山下順弘
着付:飯田裕子/山田恵里
スタントコーディネイト:辻井啓伺
操演:鳴海聡/船橋誠

製作協力:海獣シアター

[キャスト]
大徳寺雪雄・捨吉:本木雅弘
大徳寺りん:りょう
大徳寺美津枝:藤村志保
大徳寺茂文:筒井康隆
シゲ:もたいまさこ
乞食僧侶:石橋蓮司
角兵衛:麿赤兒
富豪:竹中直人
復讐の若者:浅野忠信
診療所患者・中年:田口モトロヲ
診療所患者・若者:村上淳
診療所患者・母親:内田春菊
貧民窟の老人:今福将雄
滝江:大方斐紗子
俊子:広岡由里子
すず:猪俣由貴
子供:溝口遊人
刑事:金守珍
戦争の男:塚本耕司