公開決定!塚本晋也監督が挑む!初時代劇『斬、』 主演:池松壮亮 × ヒロイン:蒼井優 最強の共演!


塚本晋也監督の最新作『斬、』(ざん、)が、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開することが決定しました。

『鉄男 TETSUO』(1989年)、『六月の蛇』(2002年)、『KOTOKO』(2011年)など、世界中に多くのファンを持つ塚本晋也。究極の状況下での人間の姿を描き戦争の恐怖をあぶり出した『野火』(2014年)を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナル作品となる。物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る衝撃作。

塚本の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を、渾身の力で演じたのは池松壮亮。昨年に主演を務めた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017年・石井裕也監督)は各方面から高い評価を受け、今もっとも注目される俳優の一人だ。今年も『宮本から君へ』(テレビ東京4月クール/真利子哲也監督)、『万引き家族』(是枝裕和監督)、『君が君で君だ』(松居大悟監督)、『散り椿』(木村大作監督)など、話題作への出演が続いている。浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年・白石和彌監督)や山田洋次監督作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優の蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現。共に本作で初めて塚本作品への参加を果たした池松と蒼井のぶつかり合うような演技合戦も見所だ。

他の出演に、『バレット・バレエ/BULLET BALLET』(1998年)、『野火』(2014年)に続く塚本作品への参加となった中村達也、本作の監督であり『沈黙-サイレンス-』(2016年・マーティン・スコセッシ監督)、『シン・ゴジラ』(2016年・庵野秀明監督)など俳優としても活躍する塚本晋也、オーディションで多数の候補の中から抜擢された映画初出演の新人、前田隆成などが脇を固める。

塚本晋也監督コメント
このたび初めての時代劇に挑戦しました。
池松壮亮さんと蒼井優さんを迎え、最高に贅沢な作品となりました。
一本の刀を過激に見つめるひとりの若い浪人の姿を通して、
過去から今という時代に斬り込んでくる作品になったと思います。

池松壮亮コメント
これまでの俳優人生の中でもかけがえのない作品に出会えたと思っています。
この世界の悦びと、同じ数だけある痛みを、11月24日、塚本晋也監督が見せてくれると思います。

蒼井優コメント
15歳の私が映画を好きになったきっかけの1本が、塚本監督の「双生児」でした。
その塚本監督の下、3週間という短い期間でしたが、映画作りに本当に大切なものだけに支えられた現場は、私にとってこの上なく幸せでした。

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也 出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター/配給:新日本映画会社
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

2018年11月24日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国公開!

カテゴリー: NEWS

塚本晋也新作時代劇キャスト追加急募!

時代劇のキャストを募集しております。
すばらしい方々のご応募をたくさんいただいております。

追加急募のお知らせです。

65歳から70歳くらいの、やさしい農夫の役を募集します。
貧しい農家ですので、小さくてやせている方が希望です。

出演シーンは9月1日から20日まで撮影します。

応募締め切り 7月13日(木)※急ですいません!

プロフィールと顔写真、全身写真を、メールで以下までお送りくださいませ。
送り先 kaijyu@gc4.so-net.ne.jp

7月15日までに、オーディションのご連絡をいたします。
オーディションの連絡をする方のみへのご連絡になりますので、なにとぞご理解くださいませ。
お問い合わせも行っておりません。どうしてものご用件は、プロフィールにお書きくださいませ。

オーディションは7月16、17日を予定しています。

では、どうぞよろしくお願いいたします!

海獣シアター/塚本晋也

カテゴリー: NEWS

塚本晋也最新作 時代劇 キャスト急募!

塚本晋也監督 新作キャスト 募集のお知らせです。

新作を始動します。初の時代劇になります。
新しい存在感のあるキャストを募集します。
条件は撮影の9月に予定を空けられる人。

以下募集する人と条件です。

①16歳から25歳くらいの男性1名。(メインのひとり)童顔で、剣道の稽古を
8月頭からできる人。髪を後ろで結わけるくらいの長さのある人。(あふれるパワーが欲しい役です!)

②強面の男性複数名。強面であること。髪を後ろで結わけるくらいの長さのある人。(短い人は髪をイメージに合わせて変えてもいい人。長くてさらに頭をイメージに合わせて刈ることができる人は歓迎)。8月中盤から後半にかけて殺陣の稽古ができる人。

③強面の男性複数名。②の内容で、8月の殺陣の稽古ができない人。

③40歳から50歳くらいの農家の男性(髪を後ろで結わけるくらいの長さのある人。長くてさらに頭をイメージに合わせて刈ることができる人は歓迎)

④40歳から50歳くらいの農家の女性((髪を後ろで結わけるくらいの長さのある人)

御礼はいたしますが薄謝ですので、ボランティアで来ていただく気構えでお願いしたいと思います。

応募締め切り 7月11日(火)

プロフィールと顔写真、全身写真を、メールで以下までお送りくださいませ。
送り先 kaijyu@gc4.so-net.ne.jp

7月15日までに、オーディションのご連絡をいたします。
オーディションの連絡をする方のみへのご連絡になりますので、なにとぞご理解くださいませ。
お問い合わせも行っておりません。どうしてものご用件は、プロフィールにお書きくださいませ。

オーディションは7月半ばを予定しています。

では、どうぞよろしくお願いいたします!

海獣シアター/塚本晋也

カテゴリー: NEWS

野火 FIRES ON THE PLAIN

2014/製作、配給:海獣シアター(2016 4月より配給:新日本映画社)
/15年7月25日公開/渋谷ユーロスペースほか/DCP/カラー/5,1CH デジタルサウンド/1,85: 1/87分/PG12
©2014 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER ALL ROGHTS RESERVED

〈解説〉
大岡昇平の「野火」を高校生のときに読んでから、長い間映画化を考えていた作品。30代からは具体的に制作準備を開始するが、必要な予算は集らなく、延期を繰り返した。戦争が近づいている危機感を感じ、条件のまったく揃わない中、ボランティアスタッフを募り制作を開始。半年間の準備と撮影、さらに半年の仕上げ期間を経て完成。配給も「鉄男」以来初めての自主配給で、全国の劇場を塚本自ら渡り歩いた。さまざまな文化人の応援メッセージなどで、幅広い観客層が集まり、戦後70年の映画として社会現象にまでなった。

(略筋)
第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。
しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。
空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

第70回毎日映画コンクールで監督賞、男優主演賞W受賞
第89回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン2位
第25回日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞受賞
第30回高崎映画祭 最優秀作品賞&最優秀新人男優賞(森優作)受賞
第10回KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭で批評家賞と最優秀撮影賞をW受賞!!
第7回TAMA映画賞特別賞受賞

[スタッフ]
製作 塚本晋也
原作 大岡昇平
脚本・撮影・編集:塚本晋也
助監督・撮影・照明:林啓史
スチール:天満眞也
制作:斎藤香織/山中亜矢子
衣装:岡部仁美
美術造形:MASAKO
銃器武器製作・監督助手:峯達哉/白岩義行
銃器武器製作・メイク:弓場絢
特殊メイク・特殊造形:陸田千春
特殊造形:角奈津子/木場理江
フィリピンロケ製作/助監督:大友麻子
ロケハン協力・現場協力:強瀬誠
セット:中嶋義明/山内まも留/永野文夫/手計孝浩
軍事所作指導/軍事監修:金子昌弘
操演:鳴海聡
衣装進行/大道具:古賀志信
大道具/特殊効果:中野拓/宮川洋輝/平尾陽祐
考証:佐々木裕文
撮影録音助手:日下部文哉/幹戸良太
特殊効果:富奥晃史/水取拓也
道具製作:柳田純一/小林由美子
衣装縫製:大泉彩音
特殊造形アドバイザー:花井麻衣
銃器武器製作アドバイザー:實藤亮介
編集助手/コンポジット/グレーディング:長岡広太

音楽:石川忠
サウンドエフェクト・サウンドミックス:北田雅也
ポストプロコーディネーター:志田直之
タイトル:津田輝王/関口里織
特別協力:黒木久勝/寺嶋芳彦/寺嶋景子
     新井遊佐/新井眞智子/新井佐五郎
協力:真鳥アキコ/志太駿介/吉川裕子/津波恵/塚田百香/金山恵梨香

[キャスト]
田村:塚本晋也
安田:リリー・フランキー
伍長:中村達也
永松:森優作
一等兵:神高貴宏
上等兵:入江庸仁
マラリアの兵士:辻岡正人

分隊長:山本浩司
田村の妻:中村優子

軍医:山内まも留
比島の女:Arlene Dinglasan

その他の出演者:丸山昇平/松下力/齋藤隆文/鶴川健吉/田中亮丞/
Dean Newcombe/内田周作/宮本 圭/槇 健/仲村颯悟/中島朋人/
中嶋アサド/大友 律

KOTOKO

story1

kotoko_scene_11kotoko_keykotoko_scene_8story3

2011/製作:海獣シアター/マコトヤ配給/12年4月7日公開/テアトル新宿、シネ・リーブル梅田、名古屋シネマスコーレ、KBCシネマ1・2 他全国順次/カラー/DCP/FullHD/5.1ch/91分/PG12
©2011 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER /2012年現在配給:マコトヤ

〈解説〉
日本映画初の快挙!ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞(グランプリ)受賞
2011年9月、『KOTOKO』は、第68回ベネチア国際映画祭で、20分以上におよぶ熱狂的なスタンディングオベーションで迎え入れられた。さらに、審査員全会一致で“日本映画初”となるオリゾンティ部門最高賞(グランプリ)を獲得。同時に、イタリア、57の映画WEBサイトの評論家が選ぶNo.1を選ぶ、シルバーマウス大賞をダブル受賞。このふたつの受賞は、本作の、クオリティと人気の高さを示すものとなった。また、11月にエストニアで開催された第15回タリン‐ブラックナイト映画祭では、既成の枠に収まらない本作のために急遽新たに最高映画表現者賞が創設され、塚本晋也とCoccoに贈られた。

(略筋)琴子は世界がふたつに見える。ひとつに見えるのは歌っているときだけだ。琴子には幼い息子・大二郎がいる。彼を守りたい。しかし予測できない恐怖に満ちた毎日に、琴子の心は安らぐ瞬間がない。そんなある日、田中と名乗る見知らぬ男が琴子に声を掛けてくる。琴子の歌と歌う姿に魅了されたという田中と一緒に暮らしはじめ、世界はひとつになると思えたが…。愛する息子を守ろうとするあまり、現実と虚構のバランスを崩していく 女性の慟哭と再生を描く。
『鉄男』『六月の蛇』の鬼才・塚本晋也、稀代の表現者Cocco。強烈な個性のアーティストふたりが作りあげた、壮絶で巨大な愛の物語。

第68回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞(グランプリ)、第3回ゴールデンマウスシルバーマウス大賞
第15回タリン・ブラックナイト映画祭メインコンペ最高映画表現者賞(エストニア)
第6回トゥールモヴァス映画祭 観客賞
第22回TAMA CINEMA FORUM 第4回TAMA映画賞特別賞

[スタッフ]
監督:塚本晋也
製作:塚本晋也
企画:Cocco 塚本晋也
原案:Cocco
脚本:塚本晋也
音楽:Cocco
美術:Cocco
撮影:塚本晋也 林啓史
照明:林啓史
特殊メイク・特殊造型:花井麻衣
編集:塚本晋也
整音・音響効果:北田雅也
スチール:天満眞也
助監督:林啓史 藤田奏
制作:斎藤香織
製作:海獣シアター
制作協力:シーオーダブルシーオー
配給:マコトヤ
A SHINYA TSUKAMOTO FILM “KOTOKO” FEATURING Cocco WORLD SALES by GOLD VIEW

[キャスト]
Cocco
塚本晋也

新作映画「野火」、第71回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品決定しました

新作映画「野火」、第71回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品決定しました

nobi_m

24日、日本時間18時、第71回ベネチア映画際の正式招待作品が発表された。

日本からは、塚本晋也監督の「野火」がメインコンペティション部門での出品が決定。

塚本監督は、過去に、98年「バレット・バレエ」、99年「双生児」、2002年「六月の蛇」、2003年「ヴィタール」(招待)、2009年「鉄男THE BULLET MAN、2011年「KOTOKO」と6回の同映画祭出品を経験している。そのうち「六月の蛇」でコントロコレンテ部門(現在のオリゾンティ部門)審査員特別大賞、「KOTOKO」でオリゾンティ部門グランプリを受賞している。
メインコンペティションへの出品は、「鉄男THE BULLET MAN」以来、5年ぶり2度目。
北野武監督が「HANA–BI」でグランプリを受賞した97年には、日本人としては大島渚以来2人目の審査員に選ばれている。(ちなみに昨年の審査員は坂本龍一)05年に2度目の審査員を経験している。
昨年は、映画祭70周年記念の特別プログラム「Venezia 70 - Future Reloaded」に『捨てられた怪獣』を発表している。

「野火」は、大岡昇平の同名の戦争文学の映画化で、1959年に
市川崑監督が一度映画化している。
第二次世界大戦末期。フィリピンに攻め込んだ日本兵の彷徨を、田村一等兵の視点で描く。
塚本監督はこの小説の映画化を20年間構想し続け、ようやく日の目を見た。来年に予定されている日本公開までじっくりと世界の映画祭を回り見せ込んでいく予定J
ヴェネチア国際映画祭は8月27日~9月6日開催。受賞結果は現地時間9月6日発表。

【コメント】

20年前から構想し続けた作品でベネチアに参加出来ることを嬉しく思います。
戦争の恐ろしさを描いた大岡昇平さんの原作小説の映像化は国内での製作は困難を極め
、なかなか出資者が集まらず、結果、自主製作することになりました。
そんな作品が最古の映画祭のコンペティション部門に選ばれたこと、なおかつ、この時
期に世界に発信出来ることの意義をひしひしを感じています。

原作:大岡昇平「野火」
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也
監督・脚本・編集・撮影・製作:塚本晋也
配給:海獣シアター

2015年公開予定。

「野火」公式ページ開設
nobi-movie.com
(この先随時拡張してゆきます。よろしくお願いします)

カテゴリー: NEWS

悪夢探偵、悪夢探偵2オンエアー決定です

悪夢探偵、悪夢探偵2オンエアー決定です。
放送局、放送日は以下です。

放送局:FOXch
放送日:7/7(月)20:00~
      8(火)10:00~
     24(木)07:30~
     27(日)02:55~

●悪夢探偵2
放送局:FOXch
放送日:7/7(月)22:00~
       8(火)12:05~
     25(金)07:30~
     27(日)05:05~

作品情報
悪夢探偵
http://tsukamotoshinya.net/contents/?p=156

悪夢探偵2
http://tsukamotoshinya.net/contents/?p=158

カテゴリー: NEWS

現在仕上げ中の映画、追加撮影のボランティアキャスト募集です

昨年7月から撮影を開始し、現在仕上げ中の新作映画。仕上げ作業も佳境になってきましたが、追加撮影が決定しました。

映画の中でもっとも激しいシーンです。
去年の応募と同じ内容です。なるべくやせている方。今から撮影まで髭を伸ばせる方。

撮影は5月2日(金)
午後から集合し、準備をしたのち、夜を徹しての撮影になります。
大活劇のハイライトシーンを何カットか撮影します。
天気のこともあるので、5/3の参加可否もお書きください。

顔写真と全身写真(体型がわかるもの)を以下のメールアドレスまで
お願いします。

kaijyu@gc4.so-net.ne.jp

映画の中でとても重要なシーンとなります。
よろしくお願いします。

海獣シアター塚本晋也

カテゴリー: NEWS

4月。チャンネルNECOで引き続き特集オンエアーがあります。

チャンネルNECOで引き続き特集オンエアーがあります。
タイムテーブルは以下です。

「悪夢探偵」
4/ 1(火) am2:30~
4/18(金) am2:20~
4/21(月) am2:20~

「悪夢探偵2」
4/ 2(水) am3:10~
4/18(金) am4:10~
4/21(月) am4:10~

「KOTOKO」
4/ 3(木) am2:20~
4/14(月) am2:30~
4/22(火) am2:40~

「鉄男 THE BULLET MAN」
4/ 4(金) am4:10~
4/14(月) am4:10~
4/28(月) am1:00~

カテゴリー: NEWS

2月。チャンネルNECOで特集オンエアーがあります。

(以下チャンネルNOCOより)

世界の「TSUKAMOTO」~映画監督・塚本晋也特集~

新作を送り出す度に、タランティーノ、ギャスパー・ノエ
ら世界の映画人達が熱い視線を寄せる、映像作家・塚本晋也
をフィーチャー。

●悪夢探偵 2006年 海獣シアター
監督/塚本晋也 
出演:松田龍平 hitomi 安藤政信 大杉漣 原田芳雄
2月10日 月 26:20:00
2月20日 木 21:00:00
2月27日 木 23:00:00

●悪夢探偵2 2008年 海獣シアター
監督/塚本晋也
出演:松田龍平 三浦由衣 韓英恵 光石研 市川実和子
2月 8日 土 26:00:00
2月10日 月 28:10:00
2月27日 木 21:00:00

●鉄男 THE BULLET MAN 2009年 TETSUO GROUP 2009
監督・脚本/塚本晋也
出演:エリック・ボシック 桃生亜希子 中村優子 ステファン・サラザン 塚本晋也
2月 6日 木 21:00:00
2月10日 月 25:00:00
2月18日 火 25:30:00

●KOTOKO 2011年 海獣シアター
監督・脚本/塚本晋也 原案・音楽・美術/Cocco 
出演:Cocco 塚本晋也他
2月 4日 火 26:20:00
2月13日 木 21:00:00
2月23日 日 26:40:00

カテゴリー: NEWS