野火 FIRES ON THE PLAIN

2014/製作、配給:海獣シアター(2016 4月より配給:新日本映画社)
/15年7月25日公開/渋谷ユーロスペースほか/DCP/カラー/5,1CH デジタルサウンド/1,85: 1/87分/PG12
©2014 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER ALL ROGHTS RESERVED

〈解説〉
大岡昇平の「野火」を高校生のときに読んでから、長い間映画化を考えていた作品。30代からは具体的に制作準備を開始するが、必要な予算は集らなく、延期を繰り返した。戦争が近づいている危機感を感じ、条件のまったく揃わない中、ボランティアスタッフを募り制作を開始。半年間の準備と撮影、さらに半年の仕上げ期間を経て完成。配給も「鉄男」以来初めての自主配給で、全国の劇場を塚本自ら渡り歩いた。さまざまな文化人の応援メッセージなどで、幅広い観客層が集まり、戦後70年の映画として社会現象にまでなった。

(略筋)
第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。
しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。
空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

第25回日本映画プロフェッショナル大賞/第30回高崎映画祭最優秀作品賞・最優秀新人賞(森優作)受賞/第10回KINOTAYO現代日本映画祭批評家賞・最優秀撮影賞受賞/第7回TAMA映画賞特別賞受賞/第70回毎日映画コンクール監督賞・男優主演賞(共に塚本晋也)W受賞

[スタッフ]
製作 塚本晋也
原作 大岡昇平
脚本・撮影・編集:塚本晋也
助監督・撮影・照明:林啓史
スチール:天満眞也
制作:斎藤香織/山中亜矢子
衣装:岡部仁美
美術造形:MASAKO
銃器武器製作・監督助手:峯達哉/白岩義行
銃器武器製作・メイク:弓場絢
特殊メイク・特殊造形:陸田千春
特殊造形:角奈津子/木場理江
フィリピンロケ製作/助監督:大友麻子
ロケハン協力・現場協力:強瀬誠
セット:中嶋義明/山内まも留/永野文夫/手計孝浩
軍事所作指導/軍事監修:金子昌弘
操演:鳴海聡
衣装進行/大道具:古賀志信
大道具/特殊効果:中野拓/宮川洋輝/平尾陽祐
考証:佐々木裕文
撮影録音助手:日下部文哉/幹戸良太
特殊効果:富奥晃史/水取拓也
道具製作:柳田純一/小林由美子
衣装縫製:大泉彩音
特殊造形アドバイザー:花井麻衣
銃器武器製作アドバイザー:實藤亮介
編集助手/コンポジット/グレーディング:長岡広太

音楽:石川忠
サウンドエフェクト・サウンドミックス:北田雅也
ポストプロコーディネーター:志田直之
タイトル:津田輝王/関口里織
特別協力:黒木久勝/寺嶋芳彦/寺嶋景子
     新井遊佐/新井眞智子/新井佐五郎
協力:真鳥アキコ/志太駿介/吉川裕子/津波恵/塚田百香/金山恵梨香

[キャスト]
田村:塚本晋也
安田:リリー・フランキー
伍長:中村達也
永松:森優作
一等兵:神高貴宏
上等兵:入江庸仁
マラリアの兵士:辻岡正人

分隊長:山本浩司
田村の妻:中村優子

軍医:山内まも留
比島の女:Arlene Dinglasan

その他の出演者:丸山昇平/松下力/齋藤隆文/鶴川健吉/田中亮丞/
Dean Newcombe/内田周作/宮本 圭/槇 健/仲村颯悟/中島朋人/
中嶋アサド/大友 律